↑ オープニングセレモニーのイベントのハイライトは、間違いなくこのシーンでした。

ささくらです。前回サウナ小屋制作編にひきつづき、DIY SAUNA CLUBのレポートを!

(Facebookイベントはこちら

2017/1/28(土)の土曜日に、サウナのオープンにともない、簡単なセレモニーをひらきました。

(フィンランドを意識して青のリボンをテープカットして、白い風船を飛ばしました、ピュー!)

緊張の初火入れ

(うしろで笑顔で見ているのは、ストーブを作った野寺さん)

セレモニーのあとは、ロケットストーブに火をいれました。

最初は煙がなかなか煙突のほうにながれず、中が煙くなってしまいましたが、徐々に熱をもっていくにしたがって、よく燃えるようになってきました。ほっと一安心。

サウナの妖精?登場 (From大阪)

いよいよ室内が暖かくなってきました。すこしずつ汗ばんでくる感じがあります。やった…これが、これが狙っていたサウナだ… 大寒波吹雪の中、つくったサウナですから、もう本当感動ものです。

みんなで楽しんでいると、はじめましてのお兄さんが!

なんと大阪在住、主に琵琶湖でフィンランドから輸入したサウナテントで野外サウナをされているTENT SAUNA PARTYの方々ではないですか!

TENT SAUNA PARTY(http://tentsaunaparty.com/)のサイト、ものすごくすてきなのでみてほしい!)

藤山さんと、吉田さんです。サウナオープンの情報をかぎつけ、わざわざ大阪から来てくださいました。ステキな笑顔と身体!(←こら)そして大阪弁が新鮮!

頭にかぶっているのは、サウナ専用の帽子なんだそうです。フェルトでできていて、ちょっとノッポさんみたいに、チョンってなってます。すごくかわいいです。まるでサウナの妖精です。

おふたりからは、海外のサウナの入り方や、ロウリュウの浴び方などいろいろ教わりました。本当やさしくてステキな方々です。
 

最初はサウナに入るのにあまり気の進まなかった子どもたちも、ロウリュウを作りたくてサウナの中で楽しむようになりました。ついには裸になりはじめ、そこにサウナ神が光臨。

神だー!とあがめるサウナの精。(ノリがよすぎでしょ!笑)

そのほか当日の様子は、動画でお楽しみください!

サウナ以外にもこの日は、じーのさんの赤ちゃんヤギが遊びに来ていたり、雪でソリ遊びをしたり、雪だるま作ったり、雪中BBQをしたり、各自自由に楽しく過ごしていました!しかも気持ちのよい晴れ!

(高木さんの奥さんのアキさんが作ってくれた北欧のクッキー、フィーカ(Fika)とってもおいしかったです。)

さらにさらに、TENT SAUNA PARTYの藤村さんも、この日の様子をステキな動画にまとめてくださっています。もう何なの、妖精なの!天使なの!!

とっても楽しい一日になりました。オープニングセレモニーに来てくださったみなさん、ありがとうございます!

どんどん拡がれ!野外サウナ遊び!

なんと、このサウナのオープンに関しては、3つの新聞社で取材が入り、新聞に掲載されました。

■ 朝日新聞(2017年1月29日)

(この写真が採用されているんですけど、おもしろすぎるでしょ!)

■ 北日本新聞(2017年1月29日)/Yahoo ニュース

■ 富山新聞(2017年1月30日)

そしてさらに、2/12(月)~2/18(日)まで、氷見のケーブルテレビでも、1日4回(15分番組)で、DIY SAUNA CLUBの様子が流れます。

「なぜサウナをつくったのか」などをお話させていただきました。

さてリクエストがございまして、また2月にもサウナをオープンしたいと思います。

2017年2月11日(土)14:00~17:00 

DIY SAUNA CLUB OPEN DAY!

開催概要はこちらから。ぜひ遊びに来てください!

さらにさらに!翌週2/18(土)は、今回遊びに来てくださったTENT SAUNA PARTYのみなさんが、滋賀県の琵琶湖でTENT SAUNA PARTYをされるそうです!フー!行きたすぎだぜーー!!

(富山・氷見からも、何名かで行ってきます!)

詳細はこちら!(Facebookページ

わたしたちもあと数回はサウナで遊びたいと思っていますし、今後も野外サウナの楽しい余波をどんどん広げていければなと思っております!

ぜひ、入ってみたいという方は、ご連絡くださいね!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly